アマゾンを舞台にして超少額詐欺が横行しているらしい

ゆきはるパパです、こんにちは。

僕は常に楽天かアマゾンでキャンプ道具を買っています。

僕もそうですが、どちらかというと田舎に住んでいる人は、おしゃれな店舗がたくさんある都会と違って、ネットショップの恩恵を受ける頻度も多いかと思います。

そんな超絶便利なアマゾンや楽天でのオンラインショッピングなんですが、どうやらここ最近、アマゾンにおいて大変不穏な動きがあるようなので一応注意喚起の意味も含めてシェアしたいなと。

全くキャンプとは関係ないんですが、キャンプ道具系のものも結構多くアマゾンで出回っていますから、騙される前にしっかりと知識武装して自己防衛しておきたいですね。

 

超少額詐欺とは何か?

超少額詐欺という言葉は僕が作った造語ですけれども、簡単に言うと、100円200円の小さな金額を大勢の人から騙し取る詐欺のことです。

なぜ100円程度の金額で詐欺が成立するのかというと、その舞台にアマゾンのシステムが使われているからなんですね。

アマゾンは、アマゾン以外の第三者がセラー登録をして、誰でも何の審査もなしに、今日、今すぐ、商品を販売することができる仕組みを提供しています。

極論言うと、

手元に何も商品がないにも関わらず、商品登録して価格設定して販売開始することができちゃう

ということ。

これを無在庫販売と言ったりもして、まあ公正にきちんと商売をやっているところも多いわけなんですが、一部の中国人販売者は、詐欺のプラットフォームとしてこれを利用しているわけですね。

具体的な詐欺の手順

  1. セラー登録後、販売する気のない低額な人気商品(1,000円くらい)を、100~200円で設定して登録する
  2. 1,000円のものが200円なら誰でも飛びつくので、多数の購入者が購入する(1000とか1万とかという話です)
  3. 購入者には商品を送らず、発送通知だけ出す(中国から発送なので2週間くらい待ってくださいとか言って)
  4. アマゾンのシステムは、発送通知を出したらセラーにお金が入る仕組みになっているので、たくさん売りまくって手に入れたお金を引き出し、トンズラ体制を整える
  5. 「商品が届かない!」と騒ぐユーザーが増えれば、その時点でセラーアカウントを閉じる。
  6. もしユーザーが騒がなければ、永遠にそのセラーで詐欺販売&稼ぎ続ける

1件が200円の少額だとしても、被害者が1000人いれば20万円。何もしないで濡れ手に粟で荒稼ぎですね。

もちろんアマゾンから振り込みを受けるための架空口座が必要ですが、そんなのは中国人グループの裏ルートで何とでもなるのでしょう。

大多数の日本人は100円200円の商品が届かないことに大騒ぎはせず、たぶん、注文そのものを忘れているか、覚えていても「全然届かないけどまあ100円だったしいっかー」と、全然気にも留めない。

本当に怖いのはその後だということも知らずに…..。

 

あなたの個人情報が売られている

超少額詐欺は中国人留学生の間で流行っているお小遣い稼ぎのひとつ、と伝えているメディアもあるほど中国人の間では当然のノウハウのようなんですが、もっと怖いのはその先です。

以前にも、任天堂スイッチやプレステを1万円とか2万円で売ってリストを集めていた詐欺グループがニュースになってましたが、そのときに注文して騙された人たちのところに、その後たくさんのスパムメールがSMSやスマホメールに届いたという話があります。

詐欺師たちはカモを常に探していて、アマゾンの購入者リストは格好のカモリストだというわけ。

ドコモキャリア決済詐欺も?

先般テレビなどで話題となっていたドコモのキャリア決済詐欺も、おそらくこういったリストで手に入れた電話番号に対してSMSを送信することで、被害がさらに拡大したであろうことは想像に難しくありません。

アマゾンの詐欺に引っかかる人の多くは情報弱者(情報に疎い人)と考えられるから、ですね。

アマゾン側はシステム上このような詐欺に対して打つべく対抗策は持ち合わせておらず、自己防衛してもらうしかないと。

被害額が少ないだけに精神的に全く痛くも痒くもないんですが、その先に個人情報が売られていることを考えると、とても怖いですね。

 

防衛策はあるのか?

詐欺師たちは手を変え品を変え、常に最新の手法で僕らを騙しますが、アマゾンのシステムを使っている以上、防衛策は考えられます。

評価ゼロ(または非常に少ない)セラーからは買わない

当然に、まずはこういった少額の怪しい商品は絶対に注文しないこと

詐欺を働くセラーは新規登録しているので、評価がゼロ、または非常に少ないセラーが販売しているものは絶対に買わないことです。

アマゾンレビューはお金で買える

評価をお金で買っている場合もあるので、一切信用できません。

フェイスブックで「アマゾンレビュー」と検索すると、商品を無償提供する代わりに評価☆5をつけるという内職のような仕事が複数見つかりますよ。

発送元が中国の商品は買わない

次に、発送元が中国の商品を買わないこと

アマゾンにはプライム会員という制度がありますが、おそらく皆さんプライム会員だと思うので、プライムマークのついた商品のみを買うように心がけましょう。

プライムマークがついているということは、その商品はアマゾンの倉庫から発送されるということを意味しますし、また、商品に問題があった場合には問答無用でアマゾンへ返品、返金を受けることができますから、買い物に対する安全は担保されます。

返品・返金については別記事でまとめてますので、そちらを見てください。

高額なキャンプギアをポチるならアマゾンがベストな理由

2019年4月11日

とりあえずこの2点を意識すれば、まず詐欺被害に遭うことはないでしょう。

 

中国製品全部がダメということではない

アマゾンで詐欺が横行しているとはいえ、中国発の良質なキャンプギアも数多くあります。

ヘリノックスをパクった製品とか、ユニフレームをパクった製品とか、数えると本当にたくさんですよね。

最初はパクりからスタートした事業でも、その売り上げが堅調なため正式にメーカーになった事例も多々。

アマゾンのキャンプ道具系でいうと、バンドック、Kalili、キングキャンプ、キャンピングムーン、MoonLenceなど、これらのメーカーはしっかりと商品を作り、公正に商売をしている中国系メーカーだと思います。

テントでいうと、ネイチャーハイクも大成功したチャイナ系メーカーですよね。

まあ言ってしまえば国内大手の商品もメイドインチャイナなわけで、リーズナブルな商品が多いキャプスタもだいたいチャイナ製ですし。

アマゾンは僕らキャンパーにとってとても便利なショップであることは間違いないので、今回取り上げたような怪しい詐欺に気をつけながら、気持ちよく利用していきたいものです。

ではまた、パパキャンプでした。