ファミリーキャンプにはカセットコンロを持っていこう

こんにちは、ゆきはるパパです。

キャンプに使う料理道具のまとめ記事では、初心者の強い味方として言及したカセットコンロ。

ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプ道具【料理道具編】

2019年4月12日

今回はキャンプで使うカセットコンロに注目して、小さな子どもを連れたファミリーキャンプだからこそぜひとも使ってほしい理由や、実際にいくつかのカセットコンロを使った経験からおすすめのカセットコンロなどもご紹介してみたいと思います。

子連れキャンプは安全第一なので、怪我の心配なく、小さな子どもでも安心して使えるものを選びましょう。

 

ファミリーキャンプにはカセットコンロ必携です

キャンプというと、キャンプ専用の特別な調理器具が必要だよね、となぜか勝手に思い込んでいる人も多いかもしれません。

実際に、キャンプを始める前の僕がそうでした。

キャンプには炭をおこしてバーベキューをするグリルが必要、スキレットやダッチオーブンが必要、飯盒でご飯を炊いて、大きな鍋で焚き火の上でカレーを作るもの。

そんなイメージ先行型のパパママにぜひ知っておいてほしいのが、カセットコンロの活用です。

キャンプのことをいろいろと調べていると、シングルバーナーやツーバーナーと呼ばれるキャンプ専用のものがたくさん目に入ってきますから、キャンプ初心者であればあるほど専用品を使う必要があるんじゃないかと考えてしまいがちです。

僕の経験から断言できますが、ファミリーキャンパーにはキャンプ用バーナーは必要ありません。むしろカセットコンロが必要です。

キャンプ用バーナーはファミリーキャンプにとってデメリットが多数ありますから、子どもが小さいうちはなるべく使わないほうが良いです。

具体的に、小さな子どもといくファミリーキャンプだからこその短所をいくつか見ていきましょう。

 

短所①:フライパンや鍋を置く際に安定感に欠けるものが多い

僕は登山もしますのでシングルバーナーはいくつか持っているのですが、その多くはゴトクが不安定です。

大人が使う分には問題ないのですが、鍋を置く場所がちょっと悪かったらすぐに傾いてこぼしてしまうので、シングルバーナーを使った調理は危なっかしくて子どもに任せられません。

キャンプは食育に最適の場

せっかくキャンプに行くのだから、子どもと一緒に料理を作る、子どもに手伝ってもらうというのは非常に良い機会なのですが、シングルバーナーではフライパンや鍋が安定しないので、一緒に料理を楽しめないです。(;´Д`)

 

短所②:軽い構造のため火に近づきやすい

シングルバーナーは構造が軽くできているので、火の回りがどっしりと囲われているわけではなく、簡単に火に触れられる状態です。

太陽が出ている日中は火がついているかわかりづらいため、誤って火に手をかざしてしまうこともあります。大人でさえ危ないです。

また、30分も火をつけているとシングルバーナーのフレームそのものが熱くなるため、子どもが知らずに触れてしまって火傷するという恐れもあります。

大人でしたらすぐに手を引っ込めて大丈夫なケースでも、子どもの肌は弱いので重度の火傷になる可能性もあり、大変危険です。

 

短所③:倒しやすい

先ほどの安定感とかぶる内容ですが、シングルバーナーの多くはどっしりとした構造ではないので、ちょっとした衝撃で倒れやすいです。

テーブルの上にあるバーナーを子どもがちょっと触れて倒れる場面など、想像に難くありませんよね。

登山用バーナーは軽いのが正義なんですが、ファミリーキャンプにおいては軽すぎるのは子どもにとって悪と考えるべきです。

 

短所④:初心者には使用方法が難しいものもある

最近のシングルバーナーはCB缶やOD缶を使うガスタイプなので簡単ではあるのですが、昔ながらのガソリン燃料を利用するツーバーナーは使い方が非常に難しいです。(僕もあまり使った経験がありません。)

OD缶とCB缶について

OD缶はアウトドア缶の略でタマネギ型のガス缶のことを言います。CB缶はカセットボンベ缶の略で筒状の一般的に多く流通している缶です。

慣れればガソリンタイプのツーバーナーのほうが使いやすいという人もいるとは思いますが、キャンプ初心者が説明なしに使い始められるものではないので、最初は選ばないほうが無難です。

 

人気のカセットコンロ5選

カセットコンロは上記のデメリットをすべて払拭し、かつ、初心者でも家庭と変わらない調理を進められるので、ぜひキャンプデビュー戦から持参することをおすすめします。

安定感抜群のカセットコンロであれば、安心して子どもと一緒に料理も楽しめますよ。

 

イワタニ カセットフー マーベラスII

価格的には一番高いですが、キャンパーさんにはとても人気のカセットコンロですね。見た目もかっこいい。

マーベラスを持っているだけで、「お、このキャンパーさんはできるな。」と思われますヨ。( *´艸`)

 

イワタニ タフまる

名前のとおりガッシリとタフな作りで、風にも強く、最も安定感のあるカセットコンロです。スキレットやダッチオーブンも置けます。ケースつきというのも持ち運びに便利ですね。

フライパンを振らせたり、鍋の中をかき混ぜてもらったり、子どもと一緒に料理することを想定するなら、これが一番いいと思います。

最悪子どもが運んでる最中に落としたりで壊してしまったとしても、また買えばいいかと思える価格ですし。(;´∀`)

うちではこれを2台持っていき、上の子と下の子にそれぞれ料理のお手伝いをしてもらっています。特に下の子はお姉ちゃんと同じことをしないと気が済まないタイプ。

 

イワタニ 風まるII

スペック的には上記のタフまると同等程度の商品ですが、ゴトク部分以外の外装の違いからか、風まるのほうが若干安いです。

こちらもケース付きで持ち運びに便利です。

 

イワタニ ビストロの達人II

完全に風をシャットアウトできる構造で、しかも最初から専用鍋と蓋がついていますので、これだけで朝ごはん作れそうです。

ケースが付属しないので持ち運びには別途袋を用意する必要はありますが、風防のあるカセットコンロとしては一番優れているという評価もあり、キャンプで料理するママさんに人気のようです。

 

炉ばた大将 炙りや

カセットコンロで網焼きや串焼きをするための専用コンロですね。

ファミリーキャンプでは、たとえば子どもと一緒に焼き鳥をクルクルするとか、卓上でお手軽に焼肉をするとか、ちょっとしたエンターテイメント性のある道具です。

4人家族で使うには少々小さいので、あくまでもサブで。ソロで使ってる人も多いようです。

 

ツーバーナー3選

キャンプデビュー時はカセットコンロ1台でとりあえず事足りると思いますが、何度かキャンプに行くと

コンロが2口あったほうが便利だよね。

と誰しもが感じるようになります。

そこで検討するのが、カセットコンロの2台持ち、またはツーバーナーです。

小さな子ども2人にお手伝いしてもらうなら

うちは小学校1年生と2歳の娘なんですが、片方だけお手伝いするという状況はありません。お姉ちゃんがやれば「私もやる~!」と妹も騒ぎますからねw

なので、ツーバーナーよりカセットコンロ2台のほうが、それぞれ好きな場所にセットしてお手伝いできるので便利です。

親としても、それぞれ単独でやってくれているほうが隣でサポートしやすいですよ。

 

SOTO ツーバーナーGRID

SOTOの名作ツーバーナー「GRID」が軽くてかっこよくておすすめです。

洗練されたデザインとCB缶仕様の燃費の良さ、そして軽いのに安定感もあるというメリットで、子連れファミリーキャンパーにも安心して使えるツーバーナーかと思います。

CB缶横挿しスタイルが便利

これまでCB缶を使うツーバーナーは、缶を縦に挿して使うものしかありませんでしたが、横挿し仕様のGRIDが発表されたことで爆発的な人気となりました。

CB缶を横にして使うツーバーナーは市場にほぼ出回っていないので、GRIDの一人勝ちという状況ですね。

 

ユニフレーム ツインバーナー US-1900

CB缶を縦に設置するタイプの人気機種です。

両足が長めに設計されているので、気持ち安定感に欠けるところもありそうで子どもにお手伝いしてもらうのは厳しそうですが。

キッチンスタンドにおいて立って調理する人が多いようです。

 

シングルバーナーのツーバーナー化

厳密にいうとツーバーナーではないんですが、ある道具とセットにしてコンパクトなシングルバーナーを2口仕様にすると、子どもが雑に料理のお手伝いをしても大丈夫な安定感のあるツーバーナーが出来上がります。

若干風に弱いという欠点はあるものの、たとえば2ルームのリビングエリアで利用するなど、風の影響をモロに受けなければ十分に満足いく調理器具になります。

ツーバーナー化するのは、安価に手に入るイワタニのジュニアコンパクトバーナーがおすすめです。

安定感のあるツーバーナーにする方法は以下の記事でまとめています。合わせて読んでみてください。

#関連 ジュニアコンパクトバーナーをツーバーナー化する方法

 

本日のまとめ

ということで、今回はファミリーキャンプにおすすめのカセットコンロについて詳細をまとめてみました。

自宅にカセットコンロがある人は新しいものを買う必要はないのでそれを、何も持ってないという人はキャンプに持っていくことを前提として上記で紹介した中から選んでいただくといいかなと思います。

ファミリーキャンプじゃなくてソロで行くよって人はカセットコンロにこだわる必要はないと思いますので、かっこいいシングルバーナーでかっこよくソロ飯をキメちゃってください。

ではまた、パパキャンプでした。