不安定なゴトクのシングルバーナーをより快適に使うアイデア

こんにちは、ゆきはるパパです。

ファミリーキャンプにはカセットコンロをおすすめしているんですが、一応ソロキャンプもやる身としてはシングルバーナーも買っておかないといけないわけで、これまでにいくつか人気のものを買ってきました。

実際に使ってみると、良い点もあれば悪い点もあり、改善の余地がある部分も見つかります。

今回は、僕が一番ストレスに感じた、シングルバーナーのゴトクの不安定さを解消して快適に利用するためのアイデアをご紹介します。

 

人気のシングルバーナー

まずは僕が持っているシングルバーナーをいくつかご紹介しておきます。

ガス、ガソリン、アルコールなど、様々なタイプがありますが、コスパ良く、どこでも手に入りやすいCB缶で統一するのがおすすめです。

 

イワタニジュニアコンパクトバーナー

とにかく安いシングルバーナーを探しているなら、これ一択です。

イワタニという信頼のブランドで、4,000円弱で購入できますから、まず最初の1台におすすめです。

収納時に非常にコンパクトになりますし、カセットコンロに比べて重量もなく、使い方もシンプルで誰にでも簡単に扱えます。

ただし、風には弱い作りになっているので、強風時の利用には風防は必須です。

アマゾンでは中華製の1,000円台で購入できるものも多々売られていますが、火器類は危険と隣り合わせですので、国内の正規品を購入することを強くおすすめします。

SOTO ST-310

SOTOのシングルバーナーと言えば、ST-310です。

軽量コンパクトで持ち運びに便利、ソロキャンプに最適なバーナーですね。

点火アシストレバーとシリコンカバー、ケースがセットになった【アシストセット】も同時に買うことをおすすめします。

SOTO ST-301

こちらもSOTOのシングルバーナーですが、少々重いタイプです。

構造がガッチリとしていて重いですが、そのぶん大きな鍋やダッチオーブンでの調理が可能なバーナーです。

ST-301は調理の幅を広げる上で買い足すものですね。

一応持っていますが、ここ1年くらいは全く使っていません。(;´Д`)

シングルバーナーの要不要論

シングルバーナーには様々な種類がありますが、燃料の選択肢としても、CB缶、OD缶、ガソリンなど多数あります。

OD缶タイプやガソリンタイプのバーナーは、冬キャンプや登山をしない人には必要ありません。

車でファミリーキャンプだけやるならば、軽量性は特に意識する必要もないですし、カセットコンロが2つあれば調理は十分こなせるので、シングルバーナーを買う必要すらありません。

 

シングルバーナーの不安定さを解消する

シングルバーナーは、カセットコンロに比べて小さく軽く持ち運びに便利なため、ファミリーキャンパー以外の方におすすめできるものです。

ファミリーキャンプにはカセットコンロを持っていこう

2019年4月15日

ただし、シングルバーナーには唯一欠点がありまして、それが【ゴトクの不安定さ】なんです。

ジュニアコンパクトバーナーにしても、ST-310にしても、ゴトクが小さく細く、ある程度の大きさの鍋やフライパンになると傾いてしまい、安定して置くことができません。

シングルバーナーは軽量コンパクトがウリなので、ゴトクの不安定さとはトレードオフになってしまうわけですが、それをどうにか解消して、ストレスなくシングルバーナーを使いたいですよね。

そのための方法が、折りたたみのクッカースタンドを併用するスタイルです。

 

クッカースタンドとは?

アマゾンや楽天で【クッカースタンド】と検索してもらうと、こんな感じの商品がたくさん出てきます。

価格もピンキリ、サイズもいろいろ。

どれを買うべきか迷うところですが、ソロキャンメインで使うならシングルタイプを、常に複数でキャンプに行くなら350サイズがいいですね。

クッカースタンドで安定感アップ

クッカースタンドの使い方はシンプルで、シングルバーナーを置いて、その上からクッカースタンドをかぶせるように置くだけ。

クッカースタンドはステンレス製なので、直接バーナーからの火があたり続けても変形することはありません。

↓の写真はST310とシングルタイプのクッカースタンドです。アマゾンでZAFIELDというブランドのものを買いました。

高さ的にも、ちょうど火の位置が良い感じになります。

おそらく他のシングルタイプのクッカースタンドも似たような高さだと思いますのでどれを選んでも失敗はしないはずですが、アマゾンで購入すれば、もしサイズが合わなかったら返品できるので安心ですね。

高額なキャンプギアをポチるならアマゾンがベストな理由

2019年4月11日

 

もうひとつ、こちらはユニフレームのクッカースタンド450の下に、ジュニアコンパクトバーナーとST310を配置した画像です。

ジュニアコンパクトバーナーもST310もだいたい同じ高さで、問題なく利用できます。

クッカースタンドを使うことで鍋もフライパンも安定しますので、ストレスなく調理することができますね。

450は大きすぎる

ユニフレームのクッカースタンド450は3口対応のデザインになっているんですが、実際に利用すると鍋やフライパンがぶつかるので2口でちょっと広めのサイズ感です。

なので、これから買うなら350で十分かなと思います。

450サイズを焚き火テーブルに置くと横幅もギリギリで、滑って落ちたこともあったので、クッカースタンドの足にゴム製のテープを巻いて滑り止めにしています。

 

本日のまとめ

ということで、今回は不安定なシングルバーナーをクッカースタンドを併用することでより快適に使う方法についてまとめてみました。

クッカースタンドを使うことで、不安定なゴトクのシングルバーナーを安定感のあるバーナーにすることができます。

シングルバーナーでの調理にストレスを感じているならば、ぜひクッカースタンドの併用を検討してみてくださいね。

ではまた、パパキャンプでした。