ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプ道具まとめ

こんにちは、ゆきはるパパです。

ブログ一発目の今回は、ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプ道具と題して、僕が現在使っているキャンプ道具の整理を兼ねて書いてみたいと思います。

キャンプブログでは定番ですねw

僕もいつのまにかキャンプ沼にどっぷりとハマってしまった一人なのでこれまでキャンプ道具はたくさん買いました。ママには怒られるのをすでにとおりすぎて、呆れられている始末。

それでもキャンプ雑誌とかで新しいギアを見つけるとついつい欲しくなってしまうという、まあこれほど深い沼ってないですよね。

パパキャンプブログの副題は、

財布に優しいファミリーキャンプのはじめかた

なので、このブログを読む人には無駄遣いはしてほしくない。

ということで、買ってよかった、買わないほうがいい、そういうところも含めてレビューしてみたいと思います。

ファミリーキャンプを始めるにあたって最低限必要な道具とは

ゆきはるファミリーがキャンプ大好きということは、何も言わずとも自然とパパ友ママ友に知れ渡るものでして、キャンプをしたことがないというお友達からは、

キャンプを始めるには、まず最初に何を買ったらいいの?

という質問を常にいただきます。

なので、そういう質問に答えるという意味で、この最初のシリーズ記事でまとめましょう。

大前提として、僕の家族構成はパパママ6歳2歳の娘(2019年4月時点)の4人家族なので、今後の記事についても家族4人のファミリーキャンプという想定で書いていきますね。

 

最低限必要な道具リスト

ファミリーキャンプを始めるにあたって、僕なりに最低限これは買っておこうよっていう道具は以下の通り。

  • テント関連(タープ)
  • 寝具関連(シュラフ・寝袋)
  • テーブル、チェア
  • 料理道具関連(焚き火道具含む)

細かいところはそれぞれ別記事にまとめていこうと思っているので、この記事ではそれぞれ軽く説明していきますね。

 

ファミリーキャンプのテント(タープ)

当然、何はなくともまずテントですね。

最近はソロキャンプでハンモック泊も人気になっていますが、ファミリーでハンモックというのはさすがにあり得ないので、テントは絶対に必要なものです。

そして、テントはわかるけどタープって何? っていう人もいると思うんですが、タープは正直言って最初は買わなくてもいいです。あったら見た目かっこいいサイトになるけど別になくても問題ないので、予算次第で買うか削るか判断するところ。

うちもタープを張らないキャンプもたくさんやりますし、2ルームテントであればタープ機能も備わっているのでそもそも必要ないし。

テントについては、以下の記事でさらに深堀りしています。

ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプ道具【テント編】

2019年4月3日

 

ファミリーキャンプのタープ

タープも様々なものが売られていますが、購入するつもりのテントとシリーズになっているようなもので良いですね。

コールマンならコールマン、スノピならスノピ、他のものも多数選択肢はあります。

最初から高額な商品を買って、あとから失敗したと感じると痛すぎるので、最初はレンタルしてしまうか、買うにしても安いやつで、リサイクルショップで見つかるなら中古でも十分です。

どうせキャンプに行けば汚れるので中古は全然ありですよ。

キャンプ経験が増えて他のファミリーキャンパーを見ていると、かっこいいなーっていうタープはたくさん出てきます。でも正直そういうかっこいいのは3万とか5万とか高額です。

キャンプが好きになれば遅かれ早かれ新しいギアが欲しくなって買うことになるので、じっくりと吟味していきましょう。

ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプ道具【タープ編】

2019年4月4日

 

ファミリーキャンプのシュラフ(寝袋)

はじめてファミリーキャンプに行くならゴールデンウィークや夏休みなど子どもの長期休みを選ぶと思います。5月GWは肌寒いのでそれなりの寝袋も必要になりますが、夏休みであれば寝袋は必要ないです。

なので、はじめてのキャンプは夏休みに行きましょう。

そして、寝袋の前にマットですね、寝る際に敷くもののほうが重要です。

北東北だとしても夏キャンプは標高が低いキャンプ場なら間違いなく暑いので、子供たちはきっとシュラフ(寝袋)だと汗だくになるか、寝てる間に蹴ってしまうので寝袋の意味がありません。

夏キャンプの寝具は、良質なマットと自宅にあるタオルケットないしはバスタオルでOK。キャンプだしアウトドアだしって何でもかんでも新しく買う必要ってなくて、自宅にあるもので代用できるし、それで十分成立しますよ。

一応はじめて買うならこのあたりでっていうアイテムは別記事でお伝えしますが、マットのほうが大事って覚えておくと良いです。もちろん春や秋など夜の気温が15度を下回るときには寝袋必須ですけどね。

寒がりの人には極厚シュラフを

うちのママは極度な寒がりなので、春秋のベストシーズンはマイナス15度に耐えられる寝袋使って快適に寝てます。

ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプ道具【シュラフ(寝袋)編】

2019年4月7日

ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプ道具【マット編】

2019年4月6日

 

ファミリーキャンプのテーブル

キャンプブログやYoutubeでキャンプ動画とか見てると、おしゃれキャンパーさんはだいたい木製のテーブルやチェアで統一感のあるサイトをコーディネートしてるんですけど、まだこれから続けていくかどうかすら決められないファミリーキャンパーには最初からそんな素敵な道具を揃える余裕はありません。

さらに言うと、夫婦二人とか大人だけとかならキャンプ中におしゃれにも気を配る余裕はありますけども、まだまだ小さい子供たちがいるとテントの設営中も食事の準備中もいつでもどこでもギャーギャーなるわけです。

なので、最初はあまりおしゃれにとか思わずに、安くて使いやすそうなもので良いと割り切っちゃいましょう。家族みんながキャンプ好きになれば、遅かれ早かれより高くて良い道具を買うことになりますからね。

絶対に買わないでほしいのは、テーブルとチェアが組み合わさっているようなプラスチックのピクニックテーブルです。

それ以外ならどこのものでもいいでしょう。

テーブルについての詳細は以下の記事を読んでみてください。

ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプ道具【テーブル編】

2019年4月9日

 

ファミリーキャンプのチェア

アウトドア用のチェアも、ほんとピンキリ代表選手みたいなギアでして、こだわれば限りなく高いものはあるし、別に気にしないならホームセンターで安く買えます。

うちの近所にあるホーマックだとアウトドア用のDCMオリジナル折りたたみチェアで1000円ちょっとでした。

またキャプテンスタッグは名の通ったメーカーではありますが比較的リーズナブルな商品を展開してくれてますので、最初はキャプスタがいいかなと。

もし最初から長く使える良いものをという人なら、徹底的にネットで調べることも大切なんですが、実際に店舗に行って座り心地を確認してから買うようにしてください。

座り心地は人それぞれです

パパが座り心地を気に入ったチェアでも、ママが座ったら満足できなかったみたいなケースもあるので、家族みんなで行きましょうね。

ちなみに、世間的に人気のヘリノックスタイプのチェア、僕はあんまり好きじゃないんですよね。みんなが良いと言っているものが、必ずしも自分に合うかどうかはわからないなと。

キャンプではチェアに座っている時間はとても長いです。パパママはもちろん、子どもたちにもリラックスして座ってもらいたいので、ぜひ家族みんなでアウトドアショップに行ってたくさん座りまくってください。

ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプ道具【チェア編】

2019年4月10日

 

ファミリーキャンプの料理道具

料理道具は簡単にまとめられないくらいたくさんあるわけですが、キャンプがはじめてという人にこそ覚えておいてほしいのは、アウトドアで料理をするからといって特別なものではなく、自宅でする普段の料理と同じだよってこと。

キャンプメーカーからはたくさんのクッカーやバーナーなどが出ていますが、正直どれも安くないんですよ。むしろ世間一般的な料理道具という位置づけで言うと間違いなく高いわけです。

なので、とりあえずフライパンや鍋はもちろん、お箸もフォークもスプーンも、全部自宅にあるものを流用しちゃいましょう。

もし奥様が自宅の道具を外に持ち出して使いたくないなら、ニトリや百均で安いやつを選べばOK。

うちも最初はドンキとダイソーとセリアで揃えて、その後ちょっとおしゃれなシェラカップなどを買い足していきました。

ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプ道具【料理道具編】

2019年4月12日

 

本日のまとめ

ということで、今回は50回以上キャンプをやってきた僕なりに考えた、お財布に優しいファミリーキャンプを始める際に必要なキャンプ道具の総まとめでした。

それぞれの道具の詳細は、各ページを参照してもらえると嬉しいです。

ではまた、パパキャンプでした。