ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプ道具【料理道具編】

こんにちは、ゆきはるパパです。

キャンプと言えばキャンプ飯。キャンプ飯はパパが作るべし。

パパキャンプ的にはそう考えているということもあって、ぜひパパには料理道具にこだわって揃えていってもらいたいなと。

ただ僕がキャンプ初心者だった頃と今とでは明らかにキャンプ飯に対するスタンスが変わってきているので、そのあたりも踏まえて書いてみますね。

 

ファミリーキャンプ飯は【簡単に楽する】が鉄則

おそらくこのブログを見てる人は、他のキャンプブログや動画をたくさん見てる人だと思うんですが、

おしゃれキャンパーさんたちって結構凝った料理を作ったりしてインスタ映え映えな写真残したりしてますやんか。なぜか関西弁だけども。

小さな子どもを抱えた家族愛にあふれたパパママには、実際問題そういうおしゃれな料理を作っている余裕なんてなくて、テント設営から食事準備からワーワーギャーギャーすったもんだやりながらの作業だと思うんですよね。

実際、うちがそうなので。Σ(゚Д゚)

なーのーで、ファミリーキャンプで作る料理、そしてその料理を支える料理道具たちは、簡単にできるか、楽にできるかをポイントにして選ぶのがいいかなと思います。

 

まだキャンプしたことない人、キャンプに慣れてない人って、

キャンプ飯はこうあるべきだ!<(`^´)>

的な、凝り固まった考えをもってしまっていると思うんです。

実は僕も最初はそういうタイプで、キャンプ飯ってパパが特別なものを作ったりしないとダメ!みたいな、よくわからないプレッシャーもあったんだと思います。

でも、キャンプだからこうしないといけないなんてこと誰も言ってなくて、そもそも楽しむためにキャンプに行くわけだからね、自分たちが一番楽できる方向に進めばOKでして。

極端な話、キャンプに行ってコンビニ弁当食べたっていいし、カップラーメンで済ますのもアリだし、ホカ弁だって普通においしい。

そういう気楽な気持ちでキャンプ飯に向き合ってもらうといいかなと。

 

キャンプごはん道具も気楽にチョイス!

キャンプ飯は気楽にいこうぜ、ということで、キャンプでごはんを作る際に必要な道具一式にしても、ほんと気楽にそろえていきましょう。

キャンプメーカーからはたくさん料理道具出てますが、それらは正直高額です。

なので、そういうところにこだわらず、基本はダイソーやセリア、ホームセンター、ニトリなど、安くて品質がいいお店で揃えていくのがおすすめです。

ってことで、キャンプデビュー時にあったほうがいいおすすめの料理道具をピックアップしてみました。

 

カトラリーや包丁などの道具類

とりあえずご家庭で晩御飯を作る、食べることをイメージしてみると、細々したものを使っていることに気づくと思います。

  • おはし
  • スプーン
  • フォーク
  • ナイフ
  • さいばし
  • しゃもじ
  • ピーラー
  • おたま
  • トング
  • ハサミ
  • 包丁
  • まな板

などなどなど。

こういったものはデビュー戦から買い揃える必要はなくて、自宅で使ってるものを流用しましょう。ここは誰でも節約できる部分ですね。

割りばしや紙皿紙コップなどもあれば便利なので、そういったものは百均で。特に脂っこいBBQは洗うの大変なので紙皿のほうが楽です。

もしママから

自宅のものを外で使いたくないわよ!

とか言われてしまったら、おとなしくダイソーやセリアで揃えましょう。

ダイソーやセリアに行くならカトラリー系をまとめて入れる袋とか箱みたいなものも一緒に買うといいですよ。

セリアやダイソーで買えるおすすめファミリーキャンプギア15選

2019年4月25日

セリアの箱?みたいなやつおすすめです↓

木製か竹製を選びましょう

新たにカトラリー系を買うなら、おすすめは木製か竹製です。フッ素加工、テフロン加工してあるフライパンや鍋など傷つけないために、ステンレスではなく、木や竹でできているものを使うべし!

 

キャンプ食器

最初は百均の紙皿、紙コップなどで十分です。

紙じゃ味気ないという人には、セリアにキャンプっぽいデザインの紙皿があるのでちょっとおしゃれになります。

またステンレス製のキャンプ向け食器もたくさんあるのでこういうのもいいですね。ダイソーにも似たようなのはあるはず。

デビュー戦で楽しかったらキャンプに複数回行くようになると思うので、徐々に紙皿や紙コップからは卒業して、シェラカップやおしゃれな木製プレートなど本格的に集めていくと良いでしょう。

ちなみに、うちはユニフレームのステンレス製シェラカップをサイズ別にそろえて使ってます。

 

カセットコンロ

カセットコンロほど、初心者キャンパーの強い味方はいません。

個人的には一番大事な料理道具と考えています。

自宅にあればわざわざ新しいの買う必要ないので、あるものを持参しましょう。

キャンプって、炭起こして薪を燃やして肉焼くもんでしょ?

えぇ、わかりますよ、そのご意見はごもっとも。

確かにバーベキューも楽しいですけども、実はキャンパーの多くはキャンプで炭や薪で料理はせずに、だいたいガスで調理していると思います。

キャンパーに人気のSOTOのバーナーなど、キャンプ専用ともいえる火器類はたくさんありますが、キャンプ初心者の時点でそんな高い買い物する必要はありません。

風が強いときの対策は必要ですが、キャンプの調理だとしても、家庭で使っているカセットコンロで十分です。

できればカセットコンロが2台あったほうがお湯沸かしながらフライパン使ってとかもできるので、2つ用意できるなら2つのほうが便利なのは間違いないです。

カセットコンロについては以下の記事で詳細まとめています。

ファミリーキャンプにはカセットコンロを持っていこう

2019年4月15日

 

フライパン、鍋、やかん類

キャンプ雑誌などではスキレットやダッチオーブンを使ってるシーンを見る機会も多いと思いますが、まずはフライパンも鍋も自宅で使ってるものを持っていけば大丈夫です。

キャンプに不慣れなうえに、キャンプ場では子どもの世話にも大忙しなパパママに、スキレットやダッチオーブンでおしゃれに料理する時間はありません!

なーのーで、まずはフッ素orテフロン加工されているフライパンや鍋で料理すればOK。やっぱり使いやすいし、そして洗いやすいです。

鍋でご飯を炊く場合は、炊飯専用の鍋があると焦げつきづらくて便利ですが、普通の鍋でもなんとかなります。

ある程度キャンプしてみて「やっぱりキャンプ専用のが欲しいよね!」とパパママで合意が取れれば、メスティン買ったり、ユニフレームのfan5DX買ったり、徐々に集めていくといいですね。

 

クーラーボックス&保冷剤

クーラーボックスは最初から必要なものなんですが、これは正直迷います。

お悩みポイントとしては、

  • お悩み①:サイズどれがいい問題
  • お悩み②:ハードかソフトか問題
  • お悩み③:保冷剤or冷凍ペット問題

このあたりなんですが、クーラーボックスに絡む問題は根深いので、別記事でまとめました。

詳細な考察と僕なりにたどりついた答えを書いていますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

クーラーボックスはどれが一番いい?の答えにたどりついたと思う件

2019年4月13日

 

本日のまとめ

ということで、今回はおすすめのキャンプ料理道具ということでまとめてみました。

言いたいのは、

キャンプだからといって特別なことではなくて、普段と同じものを使って普段と同じ料理を外でやるだけという気楽さで臨めばいいっしょ!

ってことです。

自宅にあるものを整理しつつ、当日何を作りたいかで持っていくものを選んでいきましょう。

それから、鍋でご飯を炊いたことがない人は、とりあえず自宅でカセットコンロ+鍋で試してみたり、現場で失敗しないように練習しておくと良いですね。こういうのは経験すればするほどうまくなるものですから。

あとはあれですね、道具うんぬんではなくて、

  • 皮をむく&切るなど下準備は自宅でやる
  • 冷凍食品を温めるだけのメニューにする
  • 炊飯は現地で、あとは缶詰やレトルトで

など、現場で面倒なことはしないで済むように準備していくと、時間的にも精神的にも余裕ができますよ。

子どもと一緒にごはんを作るというのもキャンプの醍醐味のひとつだと思いますので、子どもと楽しめるキャンプ飯レシピなどもこれから徐々に書いていきたいと思います。

ではまた、パパキャンプでした。