初心者にもできる車中泊ハイエース簡単カスタム30選(5)

ゆきはるパパです、こんにちは。

シリーズでお届けしているハイエース簡単カスタムですが、今回でようやく半分。

まだまだ続きますよ。

 

USB接続増設

スマホ、タブレット、登山に持っていくモバイルバッテリー、テント用のLEDライト、デジカメ、任天堂スイッチや3DSなどなど、USBで充電する機器は身の回りに非常に多いです。

ハイエースには100Vのアクセサリーコンセントが1つ付いてますし、シガーソケットに挿してUSBを2口増設すれば足りるという人も多いと思いますが、僕の場合は電子機器が多いので別途増設することにしました。

 

カーメイト NZ586

定番カスタムとして人気のシガーソケットから増設するタイプですね。パネルを外す必要がない分、作業は楽です。

灰皿を取り、シガーソケットと灰皿のスペースを使って、ソケット2口+USB2口に変換できます。

楽天だと、公式ショップよりもクレールで買ったほうが還元5%があるぶん安いですよ。

 

トヨタ車用USBポート増設キット

トヨタ車の純正アクセサリーポートのサイズに適応しているUSB増設キットです。

パネルを外して電装系の配線処理が必要ですが、見た目の印象が非常に良いカスタムパーツですね。

既存のシガーソケット裏にあるカプラを外して、このキットの配線を割り込ませるだけで作業完了します。

僕のような素人でも、問題なく取り付けられそうです。

アマゾンや楽天で様々なタイプが販売されていますが、カプラ配線を割り込ませる本商品であれば、電装系の配線に疎い素人でも簡単かつ確実に配線処理することができると思います。

ゆきはる
ハイエース5型の場合、シガーソケットすぐ上のアクセサリーポートにはリアライトのスイッチを増設するため、僕はこれを選びませんでした。カーメイトNZ586をつけてUSB2口あれば十分でしょう。もしどうしても追加でUSB接続したければ、100Vコンセントに普段使ってる充電器を挿せば問題解決です。

 

エアコンフィルター交換

200系ハイエースの純正エアコンフィルターは網戸みたいなカスカスのやつなので、しっかりとしたフィルターを設置することで花粉・ダニ・ほこり・カビの除去につながります。

エアコンから出てくる空気も臭くなくなるというレビューも多いので、ササっとつけてしまいましょう。(年1回交換)

助手席前のグローブボックス(車検証とか入れてるところ)を外すだけで、簡単に交換できます。

 

エムリットフィルター

楽天で検索するとたくさん出てくるのがエムリットフィルターですね。

評価も良いものが多く、間違いない製品かなと思います。(僕もこれを買いました。)

 

Desirable 活性炭入り エアコンフィルター

アマゾンではこちらが売れてるみたいです。

高いのを1年に1回交換するより、こういった2,000円しないものを半年に1度交換するほうが快適かなと。

 

ウインドウフィルム

ハイエースバンは、種類にもよりますが後ろのガラスがスケスケです。

ハイエースのリア窓はとても大きく、車内も広いので、周囲から車内が丸見えなのはちょっと困りもの。

車中泊の際にはシェードで目隠しできるのでいいんですが、普段からシェードはつけないのでセカンドシートから後ろのガラスはできるだけ暗くしたい。

とはいえ、ガラスフィルム専門業者にお願いすると数万円かかる作業なので、ここも自分でDIYです。

僕がチャレンジするのは、ハイエースの型にカットされているフィルムを買って自分で貼るパターン。

カーフィルムなんて貼ったことないですが、とにかく何事もチャレンジということで、また結果はレビュー記事を書きますね。

 

ハイエース用カーフィルム(ゼンポー)

カーフィルム一筋のゼンポーさんから出ているフィルムです。

楽天でおそらく一番多くのレビューを獲得しているので、それだけ購入者・利用者が多いということも安心材料ですね。

フィルムの種類で追加料金を払うことになりますが、僕はとりあえずハードタイプのスモークにしてみました。

うまく貼ることができたら、傷ついて交換する際には断熱タイプを買ってみようと思います。

施工用の道具がない人は、一緒にカーフィルム施工用のキットも購入しましょう。

 

カット済みカーフィルム(アルテ)

こちらもコンピューター裁断されたカット済みフィルムで、レビューを見る限りハイエース5型にも問題なく施工できるとあるので使えそうですね。

断熱タイプなので少々お高い商品ですね、価格帯的にゼンポーさんのほうが割安かなと思います。

 

車中泊ハイエース簡単カスタムまとめ

ということで、今回はUSBポートを増設するカスタムと、200系ハイエースにはもともとついていないエアコンフィルター、そして車内への視線を遮るスモークタイプのウィンドウフィルムについてでした。

USB増設やエアコンフィルターは簡単に作業できそうですが、カーフィルムは作業負荷が高いので晴れた休日に午前中から取り組んでみたいと思います。

ということで、また明日に続きます。