日本百名山【岩手山登山レビュー】岩手山の行き方や登山口の解説

ゆきはるパパです、こんにちは。

2019年の春から日本百名山と東北百名山を踏破するチャレンジを始めました。

2019年9月23日時点で、日本百名山[003/100]、東北百名山[008/100]達成中です。

詳細は、以下の記事を随時更新していますので参考にしてみてください。

関連:日本百名山&日本二百名山&東北百名山【全登頂チャレンジ】します

ということで、今回は岩手県と秋田県にまたがる岩手山に行ってきたので、その詳細をレビューします。

岩手山の登山道や駐車場について

岩手山(いわてさん)は日本の東北地方、奥羽山脈北部にあり二つの外輪山からなる標高2,038mの成層火山。

日本百名山と東北百名山、両方にリストアップされています。

近くに「焼走り(やけはしり)溶岩流」と呼ばれる特別天然記念物エリアがあるくらい、以前は非常に活発に火山活動が続いていた山だそうです。

岩手山の山頂へ向かう登山口は全部で6つで、他にも八幡平方面から縦走できるルートがあるなど、多彩な山行が楽しめます。

9月半ばに「馬返しキャンプ場」からピストンする形で行ってきましたので、今回は馬返しキャンプ場からの柳沢ルートをレビューしたいと思います。

関連:【岩手県】馬返しキャンプ場レビュー

 

登山口と駐車場

登山口は馬返しキャンプ場にあり、前の日の夕方から入ってキャンプする人、仕事終わりで深夜に到着して車中泊する人、早朝に到着する人など様々です。

遠方から高速利用して来るなら、滝沢ICが最寄りですね。

駐車場は第1から第3まであり、全部で300台以上は止めることができそうです。駐車場の大きさからもピークシーズンの人気が伺えますね。

平日であれば登山口から一番近い第1駐車場に余裕で止められると思います。

 

トイレ、水場

馬返しキャンプ場が登山口になっているため、炊事場もトイレもあります。

また、登山口のすぐ前には、岩手山の湧き水がジャブジャブ出てるので、登山開始前にここで補給してから登り始めるのがいいかなと思います。

登山道中は、八合目小屋にトイレと水場があります。

関連:登山やソロキャンプには500mlと1Lのナルゲンボトルが使いやすい
関連:マムートのドリンクホルダーが神、リュックの横ポケットは取り出しづらい

 

馬返し(柳沢)コース登山道

岩手山に直接向かう登山コースは全部で6つあると書きました。

  1. 馬返し(柳沢)コース
  2. 御神坂コース
  3. 網張コース
  4. 七滝コース
  5. 上坊コース
  6. 焼走りコース

馬返し(柳沢)コースは、他のコースに比べて圧倒的に距離が短く、控えめに言って登山口から山頂まで永遠に登りが続くシンドいコースではありますが、休憩込みでおよそ7時間もあれば往復できると思います。

僕は比較的速足なので朝5時半にスタートして11時半に下山しました。(休憩込みで6時間は速いほうかと。)

馬返し(柳沢)コースには、途中「新道」と「旧道」に分かれる箇所がありますが、基本的には新道を選ぶほうが登りも下りも楽だと思います。

旧道は山の表面を歩く感じで景色は開けてますが、ガレ場が続くのでコロコロした浮石に足を取られ滑りやすく転倒しやすいです。

また、山頂ではお鉢回りをすることになるんですが、天気が悪いと強風&ガスで精神的に相当ヤラレますし、風の強さ次第では9月半ばでも山頂は氷点下になるほど寒かったので、真夏以外の登山では防寒対策はしっかりとして行ったほうが良いですね。

日本百名山だけあって、登山初心者の方が登るにはちょっと厳しい気がしますので、もう少し低い山から徐々に慣らしていき、6時間くらい山の中で歩いても問題ない体力をつけてからチャレンジされることをおすすめします。

 

岩手山、馬返し(柳沢)コース登山レビューまとめ

ということで、今回は日本百名山の岩手山登山についてのレビューでした。

YAMAPの活動データにはさらにたくさんの写真と共に詳しい内容を書いてますので、そちらも併せて見てみてください。

YAMAP×ゆきはるパパ【岩手山活動データ】

岩手山は高速道路を使えば自宅からもわりと近いので、また別のコースで初夏とか季節を変えて登ってみたいと思います。

ではまた、パパキャンプでした。