東北百名山【三ツ石山登山レビュー】三ツ石山の行き方や登山口の解説

ゆきはるパパです、こんにちは。

昨日は日本百名山の岩手山に登った詳細を書かせていただきましたが、本日は岩手山のすぐ隣にある東北百名山の「三ツ石山」を含む周辺を歩く馬蹄縦走をしてきたので、三ツ石山の行き方や登山口、駐車場などの情報をシェアしたいと思います。

2019年9月現在の情報です、最新情報はご自身で確認くださいね。

 

三ツ石山の登山道や駐車場について

三ツ石山(みついしさん)は岩手県八幡平市にある奥羽山脈北部の山。

名前の由来は、山頂にある露岩がいずれの方向から見ても三つの岩峰に見えることから、三ツ石山となったといわれる。

山頂からの展望は素晴らしく、四方に展望が開け、岩手山、秋田駒ヶ岳などが美しい。

主な登山口としては、松川温泉峡雲荘近くの「源田ヶ岳登山口」、松川温泉松川荘付近にある松川温泉登山口、三ツ石山の南側にある滝ノ上温泉の三ツ石山登山口、奥産道網張ゲートを超えたところにある登山口、4つのいずれかからスタートするのが一般的でしょうか。

僕が利用したのは松川温泉峡雲荘からすぐ近くの「源田ヶ岳登山口」で、源田ヶ岳、大深山、小番山、三ツ石山と縦走しながら一周する「三ツ石馬蹄縦走コース」です。

源田ヶ岳登山口からスタートして松川温泉登山口でゴールなので、逆のコース取りをすることももちろん可能です。

 

駐車場は松川温泉峡雲荘で

ナビの行先を松川温泉峡雲荘に設定して、松川温泉峡雲荘の駐車場をお借りしました。

源田ヶ岳登山口は、峡雲荘を背にして道路を左にちょっと上がっていくとすぐに見つかるはず。

残念ながら峡雲荘駐車場には公共のトイレや水道はないので、もしトイレに行きたい場合には、少し降りると松川荘の駐車場のほうにあります。

松川荘の駐車場からは松川温泉登山口が近いので、そちらに停めても問題はないかと。

 

トイレや水場

松川荘の駐車場を最後に、登山をスタートするとトイレは途中の山荘以外ありません。

今回使ったルート上には「三ツ石山荘」しかないので、スタートから4時間くらいはトイレに行けない状態ですが、まあ特に問題なかったかなと。

途中どうしても行きたくなった場合には、ちょっとルートを外れますが大深山荘が近いので、そちらを利用するしかないでしょう。

水場は源田ヶ岳登山口から登り始めると1時間後くらいにひとつだけありました。それ以外は登山コース途中にないので、足りない場合はここで補給する必要があります。

最大6時間程度の山行なので、自宅から2L程度持ってくれば十分間に合うかとは思いますが。

 

松川温泉~三ツ石山馬蹄コース

YAMAPで紅葉をチェック

このコースは紅葉シーズンには特に人気みたいで、YAMAPでもたくさんの登山者さんがデータをアップしてます。

葉っぱの色づきも最新の登山データの写真を見れば確認できますし、ドンピシャで行きたい方はYAMAPで登山者さんの活動記録を見てからいくと良いですよ。

源田ヶ岳登山口からはゆったりとした登りが続き、源田ヶ岳手前から急登、その後は源田ヶ岳~大深山と稜線歩きが続き、小番山までは一旦下って再度登ってとなります。

個人的に一番好きだったのが、小番山から三ツ石山までの稜線。

ここは高い木々もなく視界が抜けていて、岩手山が眼前にずっと綺麗に見えているというのと、背の低いナナカマドやもみじの種類が良い感じに色づいていてとても綺麗でした。

三ツ石山まで行ってしまえば、もう残りもあとわずか。

三ツ石山荘でトイレ休憩しつつ、一気に松川温泉まで下りていきます。

最後の松川温泉までの下りは急な坂、木の階段が続きます。

これを登るとなると相当シンドいなぁと感じたので、やっぱり馬蹄縦走コースは反時計回りがよろしいかと。

 

三ツ石山馬蹄縦走コースまとめ

ということで、今回は東北百名山の三ツ石山を一番楽しめるであろう馬蹄縦走コースの解説でした。

登山中はYAMAPに活動データを記録しています。以下のページも併せて見てもらうと今回のコースの詳細がさらにわかると思うので、ぜひ。

YAMAP×ゆきはるパパ【三ツ石山馬蹄縦走コース】

岩手山もいいですが、個人的には紅葉を楽しめるこのコースはかなりおすすめです。

今度は安比高原から岩手山までの総距離50kmのロングトレイルコースを歩いてみたいなと思ってます。

ではまた、パパキャンプでした。