肌寒い秋冬キャンプにはポータブル電源と電気毛布を持っていこう

ゆきはるパパです、こんにちは。

夏休みも週末雨になることが多かったんですが、10月最初の週末も雨予報の北東北です。いかがお過ごしでしょうか?

土曜日の午前中は晴れてくれてますが、今晩から明日にかけて雨の確率が高いので、キャンプの予定も延期となりました。

次のファミリーキャンプ予定は19,20日の週末ですが、うむむ、晴れてくれるかどうか。(゚∀゚)

さて、ということで今回は朝晩はすっかり冷え込むようになってきた今日この頃、キャンプの寒さ対策のためにポータブル電源と電気毛布を持っていくと便利だよというお話しです。

 

ポータブル電源は万能選手

使ったことがないという人のために最初に言っておくと、春秋の肌寒いキャンプにはポータブル電源を持っていくと本当に便利です

僕は2泊3日程度でソロキャンプも数多くするんですが、いつもポータブル電源を2つ持っていって、スマホの充電はもちろん、パソコン、扇風機、IHコンロ、電気炊飯器など、様々なキャンプ&車中泊グッズに使ってます。

ポータブルなので使える電化製品に制限はありますが、キャンプに使えるアイテムの大多数をポータブル電源でまかなうことができるので、ぜひ今年の秋キャンプには携帯してほしいなと。

 

ポータブル電源の種類

アマゾンや楽天でポータブル電源を検索すると、だいたい以下のブランドのものが出てくると思いますが、僕はAnkerとSUAOKIの2つを持ってます。

Ankerは1年以上、SUAOKIは3ヶ月以上使ってますが、どちらも期待どおりの活躍をしてくれてます。

Anker

モバイルバッテリー業界ではナンバーワンのAnkerは、ポータブル電源も出してます。有名なブランドなので安心を買うという意味で、最初はAnkerブランドのものを買いました。

Anker PowerHOUSE

出力434Whでバッテリー容量120,600mAhあるので、これだけでスマホ充電40回くらいできるようです。実際に40回も充電したことないですが、そんなにできないとしても数日の宿泊には問題なく間に合うレベルですね。

また、僕はブログを書いたり仕事をしたりするうえでノートパソコンも常に動かしていて、1日に1回コンセントを挿して満タンになったら抜くという感じなので、こちらも容量が足りないと思ったことはありません。

明日さらに解説を加えますが、満充電で電気毛布をそこそこな強さで使った場合、1枚で一晩持つ感じです。何時間も電気を消費するものを使う場合は、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

SUAOKI

最初に買ったAnkerに物足りなさを感じて購入したのが、SUAOKIのG500です。

SUAOKI G500

こちらは500Whの出力で137,700mAhという容量、アマゾンや楽天で販売されている容量の大きいポータブル電源の中では比較的リーズナブルに購入できる商品かなと思います。(アマゾンだとクーポンも使えます。)

これからの秋冬キャンプで電気毛布を2枚使いする上で、どうしても2つポータブル電源が欲しいなと考えていたので、5万円を超える商品だったんですが思い切って購入しました。

これを選んだ最大の理由は出力が500Wというところで、これはIHクッキングヒーターを安全に使うために欲しかった数値なんですね。

改めて別記事にする予定ですが、夏場の暑い時期に車中泊するならガスコンロよりもIHコンロのほうが熱気がこもらずに快適なので、ポータブル電源でIH調理は車中泊の今後のスタンダードになると思ってます。

ポータブル電源×IHコンロ=最強説

キャンピングカーではサブバッテリーシステムで電子レンジとか冷蔵庫とか普通に動かしてますが、ライトテイストな車中泊にはそういう便利設備は一切ついてないので、ポータブル電源を利用するのが簡単です。

車内調理にはIHコンロが安全で、しかも熱気が出ないため車内温度も上がりません。真冬の車中泊にはガスコンロのほうが車内が温まって良いのですが、真夏にそれをやると殺人的に車内が熱気ムンムンになりすぎますから確実にNGです。

僕が使ってるIHコンロはアイリスオーヤマの最大出力1000Wの商品なんですが、通常は強さ3(500W)を使って調理します。外気5度くらいの寒さでもストレスを感じないスピードでお湯が沸きますよ。

アイリスオーヤマ IHK-T360B

ちなみに、Ankerの434Wでも使えなくはないと思うんですが、SUAOKIので正常に使えてるのでAnkerのほうで使ったことがありません。今度試してみます。

もうひとつ言うと、IHコンロと合わせて、車中泊用に電気ポットも買おうと思ってます。(゚∀゚)

SmartTap

SmartTapのPowerArQシリーズがカラーバリエーションも多くて人気のようです。

SmartTap PowerArQ mini

僕がこれを選ばなかった理由としては、単純に機能面に比べて価格が上記のものよりも高かったからですね。

ただ、楽天セールなどでポイント還元されているものを見ることもあって、最近ではわりと安く買える印象もあります。

手頃にポータブル電源を試す人には、86400mAhの少し小さめのものが3万円程度で買えるのでおすすめですね。

iMute

アマゾンで積極的に低価格で攻めているのがこちらのブランド。

数ヶ月前もアマゾンのタイムセールで2万円切った価格で売られているのを確認してます。

iMute M10

100,500mAhの容量で2万円を切る価格で買えるので、コスパは優れていると思いますよ。

Jackery

こちらもわりと価格面では頑張っているブランドですね。

容量サイズも大きいのから小さいのまでラインナップしていて、一般的に使いやすいレベルの110,000mAhがアマゾンではクーポン利用時で4万円を切る価格で購入できるので、Ankerと比較するとかなりコスパは高いと思います。

Jarckery 400

今Ankerのものを持ってなかったら、こっちを選んでるでしょうね。

ポータブル電源はアマゾンで買おう

ポータブル電源は高額な商品で、かつ、リチウムイオン電池は当たりはずれがある商品の典型なので、購入後すぐに利用してみて、もし充電不足が起こったり、何か商品にトラブルが起きたら、なるべく早めに返品交換申請しましょう。

もちろん商品ごとに1年保証や3年保証といった制度を設けてるので、1ヶ月以上経過して何かトラブルが起こった場合には、アマゾンではなく直接メーカーに相談してやり取りすると良いでしょう。

いくつかのレビューを見ると、上記メーカーはどれも中華系ではありますが、しっかりと顧客対応してくれているところばかりみたいなので、その点では安心できますね。

高額なキャンプギアをポチるならアマゾンがベストな理由

2019年4月11日

ポータブル電源まとめ

本当はもう少し電気毛布についてもコメントしたかったんですが、ポータブル電源のメーカーをリストアップしただけでかなりボリュームのある記事になってしまったので、明日にも続けて書きたいと思います。

今日のまとめとしては、

  • 出力はどうあれ、100,000mAh程度の容量が1泊~2泊程度には使いやすい
  • 価格は2~3万円程度で、タイムセールなどで買うとさらにコスパ◎
  • アマゾンで買えば返品や交換対応もスムーズなのでおすすめ

といったところでしょうか。

特に高額な買い物はアマゾンで買うのがベストですね。

ではまた、ポータブル電源と電気毛布の話は明日も続けます。