ハイエースのリレーアタック対策は節電モード設定とハンドルロック

ゆきはるパパです、こんにちは。

ハイエース簡単カスタムのシリーズ記事を書いているところですが、本日はすぐに知っておいて欲しいことがあったので記事にしておきたいと思います。

これはハイエースに限った話ではなくて、防犯対策という意味で車を持っている人全員が実施すべきことかと思いますので。

 

リレーアタック被害が拡大している

ハイエースを買おうと決めて色々と調べていくと、盗難されている件数が異常に多いことに不安を覚えました。

出典:日本損害保険協会

車種別の盗難比率を見ると、プリウス、ハイエース、ランクルあたりが軒並み上位を占めていて、2018年にはレクサス(すべての車種の合計)が1位になりました。

要するにトヨタ車が常に標的になっていて、プロの窃盗団に盗まれた車両は解体されてロシアやアフリカに輸出されていくようです。

また、発生場所を見ると、自宅の駐車場や自宅近隣の月極駐車場で発生している割合が大きいので、寝ている間に車がなくなっていたなんてことが現実にたくさん起こっているという驚愕の事実。

出典:日本損害保険協会

現に、近年自宅の周辺でも車上荒らし被害にあったという人もチラホラ聞きますし、市内でも数件被害が出ていると警官が注意喚起して回っていたので、防犯対策は甘く見ないでしっかりやったほうが良さそうです。

特に標的になりやすいハイエースですからね、対策は万全にやっていきたいと思います。

 

今すぐできるハイエースの防犯対策4選

高額な費用がかかるものは除外し、今すぐ誰でもできる防犯対策を4つ紹介します。

  1. スマートキーの節電モード
  2. ハンドルロック
  3. サンシェード
  4. 防犯ナイトアラーム

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

スマートキーの節電モード

トヨタ車とスバル車限定で、かつ最新の車にだけ搭載されている仕組みです。(他の車は残念ながらできないようです。)

ハイエースのスマートキーももちろん対応しています。

トヨタの公式ページでもリレーアタック対策として推奨されている方法なので、まだ試したことがないという人はぜひ。

さすがにキャンプ場で盗まれることはないかと思いますが、車上荒らし程度なら簡単にできてしまうようなので対策しておくに越したことはないですよ。

リレーアタックとは

リレーアタックは海外で多く被害が発生している窃盗方法で、スマートキーの電波を盗んで解錠とエンジンスタートをしてしまうもの。

最近はこのリレーアタックキットが国内にも出回っていて、国内の被害も拡大しています。(うちの近所でもありました。)

このニュース動画がわかりやすいですね。

自宅の玄関に鍵を放置してる人は、狙われますよ。

 

ハンドルロック

物理的にハンドルを動かせないようにするハンドルロックも効果的だと思います。

プロの窃盗団はハンドルロックの鍵も簡単に開けてしまう可能性はあるので、あくまでも時間稼ぎ的な意味合いでしかないかもしれません。

とはいえ、ハンドルロックがついている車をあえて狙うというのも犯罪者からすれば効率が悪い話なので、窃盗団に「ハンドルロックがついている車」と認識させるため、つけておくほうが良いと思います。

 

サンシェードも効果的

毎日乗り降りする車だと面倒な作業になるかと思いますが、数日乗らない車にはサンシェードをつけておくのも効果的です。

というのも、サンシェードをつけて外から車内が一切見えないようにしておくことで、もしかしたら防犯アラームがついているかもしれない、もしかしたら防犯対策がされている車かもしれないと疑いを持たせることができるからです。

防犯対策の可能性を窃盗犯に感じさせることができれば、それだけでターゲットになる可能性は下がります。

空き巣に入る犯人がアルソックやセコムのシールが貼られている家を狙わないのと同じようなことですね。

アルソックやセコムのシール効果は絶大です。

他にもたくさん標的になる車があるわけですから、犯人もわざわざ危険を冒してまで防犯対策されている可能性のある車は狙わないでしょう。

 

ナイトアラーム

サンシェードは面倒くさいという人には、駐車中に点灯・点滅する防犯アラームも効果的ですね。

できればフェイクのではなく動くものがおすすめですね。

とはいえ、プロはこの手の電波を解除できる可能性はあるので完璧ではないでしょう。

車両の盗難はもちろん、振動を検知してアラームを鳴らすのでタイヤやホイールの盗難対策としても効果的です。

 

ハイエースの防犯対策まとめ

ということで、今回はカスタマイズとはちょっと違う趣旨でしたが、ハイエースの防犯対策とリレーアタック対策についてお伝えしました。

実際うちの近所でもレクサスが狙われたこともあって、ハイエースも可能性は否定できないなと。

できる範囲で防犯対策しておけば、犯人もわざわざうちのハイエースは狙わないだろうと思うので、特に家族全員で長期旅行に行く際などには対策を万全にしておきたいと思います。

ではまた、パパキャンプでした。