【岩手県】えぞと大自然のロマンの森キャンプ場レビュー

ゆきはるパパです、こんにちは。

今回は岩手県の北部、軽米町にある【えぞと大自然のロマンの森】にあるキャンプ場のレビューになります。

僕が住んでいるのが青森県の太平洋側なので、青森県東部、および岩手県北部がアクセスしやすく、周辺のキャンプ場には結構頻繁に通っています。

旧南部地方の中でも【えぞと大自然のロマンの森】はかなりマイナーな場所で、いつも誰とも遭遇することない完ソロばかりです。

平日を狙って行っているということもありますが、そうじゃなくてもマイナーすぎる場所なので、もしあなたができるだけ人の少ないキャンプ場をお探しなのであれば、きっとここは満足してもらえるキャンプ場なんじゃないかなと思います。

 

【岩手県】えぞと大自然のロマンの森キャンプ場レビュー

えぞと大自然のロマンの森キャンプ場の基本情報

【住所】
〒028-6302
岩手県九戸郡軽米町大字軽米第9地割53-1

【利用料金】
無料

【利用時間】
4月~11月、IN/OUTは柔軟に対応

【予約方法】
電話確認推奨(0195-46-4232)

【設備】
フリーテントサイト(芝生)、トイレ(ボットン)、炊事場

【その他】
歴史民俗資料館、芝のテントサイトは平坦な場所が少ない

 

何もしない贅沢を満喫できるキャンプ場

これまで様々なキャンプ場を見てきましたが、これほどまでにマイナーで、設備が超最低限の場所は他になかったように思います。

便利なところにあるとは言いづらく、むしろわざわざ行くという言葉が似合う場所です。

近隣にスーパーやコンビニもありませんし、不便極まりない。

管理人さんも非常に緩いおじいちゃんで、「どーぞご自由に」というスタンス。

それが良いのか悪いのかはさておいて、とにかく自然の中で何もしない贅沢を感じる上では案外良い場所なのかなと思います。

おすすめの訪問時期はお花見のできる4月末~5月上旬のゴールデンウィーク周辺で、テントの張れるファイアーサークル周辺には桜の木が周囲を取り囲むようにして立っているため、桜の散り際に行くと桜吹雪の中でキャンプすることができます。

ゴールデンウィーク期間中でさえ混むことのない場所ですから、週末だとしても午前中に到着すれば好きな場所にテントを張ることができるでしょう。

ただし、先にも書きましたがスーパーやコンビニは遠く、また子どもが遊ぶ遊具などは一切ないので、ファミリーキャンプとして楽しむならば、万全の準備をして行ったほうがいいですよ。

 

えぞと大自然のロマンの森キャンプ場の詳細

キャンプサイト

ファイアーサークルを囲むようにしてベンチが置かれ、芝生が広がっています。

芝生ならどこでもテント設営OKです。

ただし、芝生はすべてが平坦なわけではなく、写真手前から奥に向かって緩やかな傾斜が続くので、テントを張る場所はしっかりと見極めたほうが良いでしょう。

炊事場独占キャンプもアリ

炊事場周辺にもソロテントを張る平坦なスペースがあるので、人が全然いないようならば炊事場を占拠してキャンプするというのも利便性の良い使い方かと思います。

別の利用者がいる場合には避けたほうがいいですけどね。

 

トイレ

それなりに掃除はされているようですが、あくまでもそれなりです。

綺麗とは言いづらいボットンですが、使用には問題ないと思います。

とはいえ、高規格キャンプ場のそれと比べてしまうと劣ってしまうのは否めませんので、虫が大嫌いなママさんや洋式オンリーのお子さんには使えないかと思います。

 

炊事場

水もちゃんと出ますし、飲用可能ですし、問題ないレベルです。

炊事場周辺の平坦な場所にテントを張って利用することもできます。

管理人さんにきちんと利用することを伝えておかないと、夜は電気を消されますのでご注意ください。

 

子どもが遊べるスポット

一応この場所は歴史民俗資料館があるので、小学生の子どもたちが学校単位で遠足に訪れるような施設です。

あまり興味を示すことはないかと思いますが(;´Д`)、昔の生活の一部を垣間見れるという意味では子どもにとっての遊びの一環ではあるかなと思います。

敷地内は傾斜が多いのでボール遊びは避けるべきですが、ファイアーサークルよりさらに奥の芝生は広いので、キャッチボール程度なら問題なくできるでしょう。

写真の位置関係は、画像右手後ろにファイアーサークルがあって、そこから緩やかに傾斜が古民家まで続いています。写真内の古民家が昔の農家の歴史資料館になります。

 

温泉

近くに入浴施設はありません。

 

えぞと大自然のロマンの森キャンプ場まとめ

ということで、今回は岩手県の「えぞと大自然のロマンの森キャンプ場」のレビューでした。

近隣の人がお試しでソロキャンしたりテントの試し張りに利用するなら使える場所だと思います。

が、遠方からキャンプ旅行で訪れる人であれば、近くに良いキャンプ場が多々あるので、あえてここを選ぶ理由はあまりないかなと思います。

温泉や子どもの遊具などを考慮しても、ファミリー向けというよりはソロ向けの場所ですね。

ではまた、パパキャンプでした。