誰でも25%OFFでヴィレッジヴァンガードのキャンプ雑貨を買う具体的な手順

ゆきはるパパです、こんにちは。

この3連休はキャンプに行けないので、子どもたちがフリーな時間を狙って近所で遊んでいます。

僕の住んでいるところは海に近いので、昨日は磯遊びをしに行ってきました。

上の娘がカニとか小魚とか大好きで、2時間ほど夢中になって遊びまくり。大人も楽しめますね。(*´▽`*)

で、最近はブログに書くネタをどうしようかなーと思いつつ、ブロガーの諸先輩方の記事を眺めていたら

過去の自分を助ける記事を書くといいよ

というアドバイスに出会いまして、これだ! と。

僕がキャンプを始めた頃を思い出して、これ知ってたら無駄な買い物しなかったのにとかね、そういうのを書けばいいのかなと。

そういうこともあって最近のブログ投稿は買い物ネタが多いんですが、今日も引き続きキャンプギアをいかに安く買うかの研究成果をコツコツとブログにしたためていこうかなと思っております。

本日は、僕も時折お世話になるヴィレッジヴァンガードでキャンプ雑貨を安く買う方法です。

 

ヴィレッジヴァンガードに売ってるキャンプ雑貨

ヴィレッジヴァンガードというとイオンモールに入っている印象があるんですけれども、行ったことありますか?

お店のディスプレイがかなり雑な感じで、上にも下にもいたるところに商品が並び、正直「ぐちゃぐちゃ」感が否めない印象なんですが。(゚∀゚)

ただ、そういうの好きな人も結構いるだろうし、本屋さんではあるものの、どちらかというとアメリカから輸入された雑貨が多く、キャンプと相性がいいものも意外と売ってるんですよね。

ちなみに最近僕が買ったのは、キャンパーにも人気のマーキュリーの商品。

楽天などでは送料がかかったりして総合すると高いんですが、お店なら小さなものも1点ずつ買っていけるので便利ですよね。

で、こういうのを極力安く買うにはどうしたらいいかなーということで、見つけた方法が今回のネタです。

 

ヴィレッジヴァンガードの株主優待券で買う

先に答え書いちゃいますが、ヴィレッジヴァンガードが株主に提供している株主優待券を使うと安く買えます。

あともう一つ工夫するなら、図書券と併用すると、さらに安くなります。

ヴィレッジヴァンガードの株主優待券

ヤフオクやメルカリで、「ヴィレッジヴァンガード 株主優待」と検索してみてください。

ヤフオクの最新落札状況を見ると、24,000円分が13,500円だったり、12,000円が6,800円だったり、だいたい額面の半分近くで落札されています

で、ヴィレッジヴァンガードの株主優待券の使い方なんですが、お店で購入する商品2,000円ごとに1枚使えるというルールがあります。

たとえば総額1万円分を買うときには、5,000円分の優待券を使えるということですね。

優待券はだいたい額面の半額で落札できることがわかりましたから、5,000円分の優待券は実質2,500円です。

あら不思議。

優待券を使うだけで、1万円の商品が7,500円になっちゃった。

これが25%OFFで買う方法の正体です。

言われてみると超簡単。誰にでもできることだと思いませんか。

 

図書券を併用するとさらに割引になる

ヴィレッジヴァンガードは「遊べる本屋さん」なので、店舗によっては支払いに図書券が使えるところも多いです。

もちろん書籍ではなくても、雑貨類の買い物にも使えるので問題ないですよ。

※店舗によって対応が異なるようなので、事前に電話確認をしておきましょう。

図書券はどの金券ショップにも割引価格で販売されていますから、それを買ってくればOKです。

僕の経験上、額面500円の図書券が470~490円くらいで販売されていますので、もし475円(95%)で買えれば5%引きということになりますよね。

 

ヴィレッジヴァンガードの株主優待券と図書券

この2つの組み合わせで、最大30%近くの割引で買い物できることになります。

ヴィレッジヴァンガードには本格的なキャンプギアはありませんが、キャンプをオシャレにするキャンプ雑貨はゴロゴロ売ってます。

で、欲しい商品があれば、とりあえずアマゾンや楽天で価格チェック。

ヴィレヴァンと同等程度の価格であれば、今回のやり方で買い物したほうが何倍もお得ということになります。

株主優待券や図書券を準備するのはちょっと面倒なので、いつもやるかと言われると考えてしまいますけどね。(;´Д`)

先ほど取り上げたマーキュリーのバケツなんかは複数買うと値段もそこそこしますから、1万円くらいまとめ買いするときには株主優待券と図書券の買い方が大活躍するはずです。

まあ、ちょっとしたネタとして頭の片隅にでも置いておいていただければ。

ということで、パパキャンプでした。